限りなく透明に近いブラー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

マスタベーシスト

 漸く涼しくなり活動的になって参りました。
お陰で出費も激しいです。先月末の領収書みたら一週間で6万とか使ってました。年末には結婚式が2件控えており、財布の中がオッ/^o^\゚ッピーです。もう世間でオッ/^o^\゚ッピーは古いみたいですが、まだ使いますよ。
何でこんな下りかって?
もう書くネタ多すぎてまとまんないからRSネタめんどいです^^;
なのでちょっとした昔話でも。

今となっては社員な生活おくってるんですが、学生時代の貧乏生活してたお話でもしようかな。

もう5年も前の話です。
俺は都内の押上という街に芸人を目指す友達と2人で暮らしていた。
1K風呂なし、在り来たりな貧乏人の部屋である。
当時の生活はというと
昼、学校へ行きシャワーを浴びて(週末は銭湯)学食でランチ。

学食で茶髪にKANIジャージを着た俺はさぞかし浮いてただろう。

そのままろくに授業にでずサークルへ行く生活。
夜ご飯は大抵吉牛ですましていたが、お金がない日は入っているピザーラのチラシを見てお腹を満たしていた日もあった。最悪好きな子にお金を借りたりもした。

今の俺にはチラシでお腹を満たすなんて不可能です。

幸いこの2人、友達には恵まれていて夜部屋に帰る頃にはいつも友達がいた。それは何も取られる物がないので鍵を開けていたからだ。
友達が奏でるギターを聴きながら毎日ドンチャン騒ぎ、苦情を何度うけたことか。
でも週末になると静かな夜は来る。

この頃、休みとかいらなかったな~ただ寂しい日って感じ。今となっては毎日休みでもいいくらいだけどね。

部屋にあるのは酒と寝袋とギターとTV。
このTVは壊れていたらしく、映るタレントの額が縦に伸びるという現象が起きていた。(神田うのは特に気持ち悪く映ったのが印象に残っている。)そしてTVから爆発音がもれてお釈迦となり、ギターを弾けない俺が一人でいる時は無音と化した。
暇すぎて妄想に浸る俺。
そこで出会ったのが本である。
古本だったら1コインでいくらでも時間潰せるから。
俺はとにかく妄想しながら読んだ。
その小説に登場人物すべてをタレントや友達に当てはめてドラマを描く。もちろんその登場人物に合った役者にしこたま時間かかったり、途中降板だってあったりする。
もう新しい小説を開いてキャスティングするのが楽しくてやめらんないね。

これが俺のマスタベーションだ。

部屋は本だらけで汚いです
20071004134259.jpg

※RSネタを期待して読んで下さってる方々、期待に背きすいません。
スポンサーサイト

未分類 | コメント:2 | トラックバック:0 |
<<続・絶不調 | HOME | この男、妄想につき>>

この記事のコメント

1ゲット!!!!?
2007-10-04 Thu 17:30 | URL | レッドストーン [ 編集]
2ゲット!
2007-10-04 Thu 22:34 | URL | こっぺぱん [ 編集]

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。